清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

吉本一謙選手、FC東京より完全移籍

公式より発表がありました。

 

ヴァンデルソンが大きな補強としては役不足であり大外れ、結果的に退団。ソッコの不調もあってCBは結構深刻な状況でした。そこでCBの補強として、今期福岡で、怪我もありわずか9試合の出場にとどまっていた吉本選手を獲得した形となりました。高さ・速さともに兼ね備えたリーダーシップの取れるCBとのこと。

 

東京都出身の吉本選手は、2007年FC東京トップチームに昇格し、2009年からはレンタルで岐阜・水戸・福岡と渡り歩いていました。

 

清水としてはCBはソッコ・立田・二見で争う形ですが、ここに吉本選手がポジション争いに加われるか。立田はまだまだミスも多く、外国人FWにはなかなか勝てる状況になく、J1の主力としてはかなり厳しい状態。二見に関しては本当に今シーズンよくやってくれているが、本来は本職のSBで使ってほしいはず。現実的にコンビを組むとなると、二見と吉本がベストチョイスなのかなと思います。ライン統率のできる力強いCBを期待しています。