清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】第20節 清水 0-2 FC東京 2019.7.20

両監督の古巣対戦となった試合、アウェイFC東京がホーム清水を全く寄せ付けない試合展開…

 

正直チーム力が違う、完敗だったと言わざるを得ない敗戦でした。前半の15分くらいまでこそ多くのチャンスを作ったのは清水でしたが、1失点目以降は試合終了までずっと、東京ペースでした。後半は特に全く歯が立たず。

 

1失点目はペナルティエリア外からうちにカットインされ、左隅に突き刺されましたが、これも防げた失点な気がします。人数がしっかり揃っていたにもかかわらず、間を詰めずにシュートを打たせてしまうのはダメ。西部はノーチャンス。シュートも綺麗でしたが、防ぎたかった失点でした。

2失点目も左サイドから崩され、エウシーニョの処理ミスから永井に詰められました。

 

○右サイドを崩されるシーンが目立つ

失点シーンにこそ直結しませんでしたが、前がかりになったエウシーニョの裏を狙われるシーンが多く、またエウシーニョ自身がロストもしくパスミスしてピンチになるシーンが多すぎる気がします。攻撃面で強いエウシーニョですが、現状のこのチームではパサーもおらず川崎とは違うので、攻撃面でもディフェンス面でもシンプルになってほしいです。

 

○プレスが効かなくなった時

サッカーの難しさのコアだとは思いますし、永遠の課題のような気もしますが、サッカーには流れがあります。特に後半、東京ペースになった時にどうすればよかったのか。すごく難しいですが、自分はもっと裏へ走らせるボールを多用してもいいと思います。

プレスが効かなくなった原因は中盤で、1列目でプレッシャーを与えて、奪うのは2列目の役割のはずです。しかし2列目が異様にラインを低く設定していれば奪えるものも奪えません。これでは前線も疲弊するばかりです。

ディフェンシブサードでしかボールを奪えなくなった時、細かく繋ぐのではなく、高いすべき局面のはずですから、もっとロングボールを多用して欲しいです。

 

今日は本当に完敗中の完敗。悔しさも薄れつつあります。予想以上に首位との差を実感しました。次戦の立て直しに期待していないこともないですが、急に改善すると思いません。中位〜下位チームに取りこぼさないことを、地道にしていくしかないと思います。。