清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第15節 清水 3-2 横浜FM 2019.6.15

久しぶりの気持ち良い勝利!

 

更新が遅れた上、久々の更新です。2週間の中断を挟み、久々のリーグ戦。相手は上位(今の清水にとってはどこも上位だが)で手強い、横浜FMとの対戦。

怪我から復帰したヘナトが先発で起用され、竹内との2ボランチ、FWはドウグラスのワントップのような形で、北川は一枚下がるようなフォーメーションに見えました。この日は大雨が降っており、プレー環境はかなり厳しかったと思います。

 

立ち上がりこそハイプレスで、上位横浜に自由にさせない展開を作れていましたが、清水も清水で大きなチャンスをなかなか作れず。すると前半も終盤に差し掛かったところで、マリノスの左の展開から、中央に素晴らしい楔のパスを入れられ、エジガルジュニオに押し込まれて先制される。清水はエウシーニョのクロス→ドウグラスのヘディングで一本決定機があったが、決められずに前半はそのまま終了。

 

後半に入ると清水が急にボールを持てるようになり、CKからファーでドウグラスが折り返したところを松原が押し込み同点に追いつくが、その後の逆転の決定機を清水はいかせず、81分に松原がマークを剥がされ、仲川に決められてしまう。仲川の縦への動きが素晴らしかったのもあるが、ラインコントロールのミスだと言える失点だった。ちなみにこのゴール後、マリノスのマルコスジュニオールがボールを大きく蹴り出し、2枚目のイエローで退場処分になっているが、これが試合を大きく左右する結果に。

89分に西部からヘナトにボールが渡ると、前線の北川にフィード。抜け出した北川が低い速いクロスでドウグラスにつなぐと、これをドウグラスがきっちり決め、土壇場で清水が同点に追いつく。

この時点でマリノスはかなり混乱しているように見えた。途中交代で入った清水・西澤はいいチャンスを作るも決めきれていなかったが、後半ロスタイムに絶好のチャンスが訪れる。ハーフライン付近でインターセプトしたエウシーニョがボールを運び、縦に走る西澤へスルーパス。これを西澤が決め、大逆転勝利。最高のゴールでした。スタジアムには行けませんでしたが、お祭り騒ぎだったとのことです(笑)

 

○やはりヘナトは外せない

久々の復帰となったヘナトだが、インテンシティ・正確性・インターセプトの巧さ全てにおいて、清水の選手の中で抜けている。2点目のシーンは、ややもすると失点に繋がるシーンですらあったが、球際の強さと正確性が両方発揮された。現状一番必要な選手だと思う。

 

○西澤への期待

決勝ゴールを含め、何度もチャンスを作っていた。中村とのポジション争いになるのかも知らないが、シュートの巧さや積極性では負けていない。まだ若い選手だし、本当に楽しみな選手の一人。寡黙そうに見えるが、インタビューでは大騒ぎしていてすごく意外でした。

 

○幸か不幸か、下位チームは団子状態

18位となると気持ちも沈んでいたが、リーグはまだ折り返しも来ていない。得失点差が目も当てられない状況で、複数失点癖は全く治らないが、下位チームはかなり競っているのが現状。いち早く抜け出したい。