清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第14節 清水 1-1 松本 2019.6.1

鬼門のアウェー松本戦、全然面白みのない試合… 良かったところは、これまた篠田新監督になって負けていない、という事実だけでしょうか。また最下位です。

 

清水は守備力に大いに難があり、対する松本は深刻な得点力不足。お互いが引いて守り、大きなチャンスをお互いに作らない展開で、ボール回しに終始して面白くない展開でした。

後半に六平がボールを奪われると、疑問が残る判定ですがPA内でファウルを取られ、PKから失点。清水も清水ですが、この相手に先制されるとは…という感じ。

対する清水は10分後、ドウグラスがPKをゲット、これをしっかり沈めて同点とする。試合はその後動かず、そのまま終了。

 

この試合良かったのは西部選手でしょうか。FKと後半終了間際にビッグセーブが二回あり、ピンチを救いました。最年長で、体のキレは衰えがあるのかもしれませんが、身体能力の高さは本当にまだまだ健在だと感じました。

 

DFラインですが、今回は松本の攻撃陣に怖さがなさすぎた。ただしエウシーニョは、連携から武器である攻撃を生かすことが全くできておらず、守備でも背後を取られる始末。RSBで生きるというのはわかりますが、金子も調子がいいとは言えないので、立田をRSB、エウシーニョを一列前で使ってもいいのかなと思います。

 

何回も言っていますがやはり課題はボランチであり、ヘナトが返ってくるまではこのメンバーでやらざるを得ないのはわかりますが、横パスばかりで効果的なパスが全く入らない。ボールロストも多いし、ボランチがやはり難を抱えていると言わざるを得ません。

希望はやはり西澤選手です。ボール運びが独特で、シュートもうまい。惜しいシュートが一本ありました。

 

講読している別のブログの方もおっしゃっていますが、毎回同じメンバーでこの結果ですと、流石に納得できません。大幅に変えるのは無理でも、ドウグラス、テセのコンビは悪くないと思います。調子の良い西澤選手をスタメンで使っていいと思います。別にサポーターを納得させるためにサッカーをやっているわけではないし、それでいいのですが、なにかアクションか欲しいです。毎回この試合をされたら悔しいし、納得できない。