清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第13節 清水 4-3 仙台 2019.5.25

やっと掴んだ勝利……

 

本当に長かった。課題はたくさんあるが、内容はどうあれとにかく勝利することができました。特にドウグラスの復活は凄く嬉しいです。仙台の守備陣がダメダメだったとはいえ、4点とれるのは大したもんです。試合通じてペースを握っていたのはエスパルスだったと思います。勝てたことがとにかく本当に大きい。

その反面、ペースを握っていたのはエスパルスにもかかわらず、デザインされたCKからの失点もあったとはいえ、2回も追いつかれる展開となりました。つまらないミスで崩れる仙台に突き放せない清水、という、辛辣ですが下位チームの対戦だという見方もできました。

 

○中村が持つとワクワクする

守備面でやや課題ありだが、松原とのコンビネーションもだいぶ板について来ているのに加え、1点目の中に切り込んでの大きなサイドチェンジなど、一人でゴリゴリボールを運べて、今のエスパルスではかなり貴重な存在。

 

○北川の復活はまだ時間がかかるか…

オフザボールの動きも、献身的な守備も決して悪くない。でも、ゴールは枠に飛ばないし足元にボールが収まらない。本人も苦しいと思うが、PKとはいえ自分でつかんだ得点で自信を取り戻してほしい。相手を背にするのでなく、右のウイングで使った方が生きるのかもしれない。そうなると現状、金子とチェンジになるか。

 

○右サイドバックをどうするか

3点目のエウシーニョの得点は、まさにエウシーニョらしく、なんでそこにいるんだ、と言う感じのシーンだった。攻撃面でやはりエウシーニョがいるいないとではかなり大きく違ってくる。中に持ち込んで自分でシュートも打てるのは本当に武器。ただ、ディフェンス面では相手に振り切られるシーンも見てきたし、それは仙台戦だけではない。篠田監督は守備的要員として立田を途中で投入したが、それ以降は立田がDFラインに入り安定したのも事実。最近、ソッコの調子が悪いことを考えてもソッコを替えて立田を入れるまではない気がする。エウシーニョを1枚前で使う選択肢もあるけど、そうなるとフォーメーションが大きく変わってくる。一番使いどころが難しそう。

 

○不安定なDFラインだけでない、ボランチに大いに問題あり

ヘナトが抜けて以降、竹内の離脱もありかなりボランチが穴だと思っていたが、竹内が戻ってきても、そこまで改善は見られない。ハイプレスをかけられないし、ボランチの間を狙われてる。夏に補強必至だと思う。

 

とにかく、とにかく勝ってよかった。

次に切り替えて、絶対に連勝しよう!