清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第12節 清水 1-1 大分 2019.5.18

篠田新体制、収穫は………連敗を止めたこと。

 

4位の大分との対戦でした。ボランチに竹内が戻り、六平とのコンビ。またエウシーニョが出場停止のため立田が右SB、CBにはソッコと二見が入りました。運動量豊富な大分に対してかなり苦戦を強いられると思っていましたが、大分は相当コンディションが悪いのか、前半からミスを連発。GKとDFの後ろで回している中でのミスをドウグラスがつき、GKのファウルを誘いPK獲得。これを自らきっちり決め、清水が先制。

前半は大分のチャンスはあまり多くなく、清水は2点目をつけるシーンがあったので、最終的にはここで追加点を入れられなかったのが痛かったです。

 

後半に入ると次第に大分ペースに。立ち上がり、前半よく狙われていた左サイドから岩田が速いアーリークロスをあげると、西部が反応できず、そのままゴールに吸い込まれてしまい、失点。その後清水・大分共に決定機がありましたが、両者決めきれず、そのまま引き分け決着。

 

・DFラインの安定

今日は大分がかなり悪かったですが、エウシーニョ抜きで立田をRSBに持って来て、ソッコと二見のCBですが、今日に関してはこちらの方が安定していた模様。というより、立田のCBはやはり厳しくRSBの方が良いのではないか。そうなるとエウシーニョの使い方が難しくなるが、エウシーニョを1枚前にあげるのも得策ではない気がする。やはりCBの補強が急務。

 

・ウイングの選手配置

試合開始直後は金子・中村が頻繁に右・左を流動的に動いていた。金子は最後の決め切る部分が相変わらず弱いが、いつもに比べてチャンスに絡めていた。中に積極的に切り込んでくるエウシーニョとのコンビは正直かなりやりにくそうではあったので、今日はその分よく見えた気がする。

中村は相変わらずボールコントロールに長けているが、今日に関しては途中交代で入った西澤が良かったのがそれ以上の収穫。粘り強く気持ちの入ったプレーを見せており、ウイングの選択肢が増えたのは嬉しい。北川が右に入る時間帯もあったが、FWらしく縦に切り込むシーンが観れたのが良かった。ここのところ北川は自分のプレーが出来ていないように感じるが、右サイドは悪くなかったと思う。

 

悠長に次の試合は勝とう、と言っていられる状況では決してないが、光明は見えなくない。勝ちきれた試合をモノにできなかったのは痛いが、次は必ず勝ちたい。