清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第10節 清水 0-3 鹿島 2019.5.3

無得点でしっかり封じられかつ、見ていて面白くない試合…

 

チャンスらしいチャンスは、前半3分の中村慶太のFK(ゴールラインを割っていたと思われ、結果的には誤審)のみ。90分を通してそれのみだったと思います。

監督の言うように、入りは悪くなかったと思います。ただし鹿島がボールを落ち着いて持てるようになった後、浦和戦では効果的な場面も見られたプレスもバラバラで、ボールを奪えず相手より無駄に多く走らされる形に。鹿島はパスアンドゴーの意識やボールを持った後のスピードアップが清水より何枚も上手で、清水はコンパクトに守ろうという意識があっても結果的にゴール前にボールを運ばれてしまう感じでした。真ん中を大きく崩されるのではなく、鹿島がサイドからボールを何回も入れて、それが鹿島のゴールにつながりました。1点目のこぼれ球を決められたシーンは特にそうだったと思います。

個々のコンディションの問題は別で論じるとして清水のプレッシングが相手の脅威でなかったのは確かだと思います。中盤の底として定着していたヘナトが負傷交代したのは確かに痛かったんですが、交代で入った河井がその役割を果たせたとは言えませんでした。以下、いつものように気づいた点を書いていきます。

 

○まずサポーターの数がすごかった。

関西在住の僕は今日もDAZN観戦でしたが、清水サポ、めちゃめちゃ多いですね。関東サポが結構多いのはもちろん承知で、F東、マリノス、浦和とやる時はいつも多いなあと感心しているのですが、今日のカシマも凄かったです。DAZNの音声でも鹿島のロールにも全然負けず、清水のチャントが鳴り響いていました。関西での試合でも負けてられないなあ、と改めて思いました(笑)

 

○相変わらずラストパスの精度・ボールの収まらなさが酷い。球離れの悪さでボール奪取される場面も目立つ。

テセに変えてドウグラスの起用となりましたが、今日のドウグラスの出来なら、テセの方がボールが収まるのでは…と思うような場面が多々。走れるようになってきたなら後は試合勘→使い続ける のはわかるのですが、これでは脅威となりません。以前からあるように、良い形を作ってもラストパスで収まらず、結局こちらのミスで相手にボールがいく場面が散見されます。かてて加えて、今日特に目立ったのは、判断の遅さから後ろからタックルを受けるなどしてボールを取られる場面です。特に交代で入った河井が多かったように思います。攻めている場面でボールを奪われるのは本当良くないです。

 

エウシーニョが全く生きない現状

前節のレポートにも書きましたが、エウシーニョの良さが全く出ていません。今日も1失点目を含め、右サイドに穴を開けられる場面が多かったと思います。ウチは川崎のようにボールを保持できるチームではないし、エウシーニョ自身、ボールを持った時パスコースをものすごく探している感があります。現状は無理に切り込もうとしないで後ろという選択肢も欲しいです。攻撃で生きるエウシーニョの裏を完全に狙われているのは確かです。

 

○中盤で人を捕まえない、ゾーンのようなやり方は戦術なのか

ここ数試合、どうも相手の中盤を自由にさせすぎているような気がしてなりません。今日のレオシルバのような選手に対しても、中盤でのプレスが甘いなあと感じます。バイタルで持たれた時すら、コンタクトにいかないのは問題です。鹿島はすごくやりやすかっただろうなあと思ってしまいます。

 

清水にとっては最悪なGWでしたが、サポーターは切り替えるしかない。次はルヴァンのガンバ戦。自分も参戦します。