清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】 第8節 清水 1-0 C大阪 2019.4.20

前節リーグ初勝利を飾った清水は、ヘナトを3戦連続でスタメン起用。竹内とコンビ。左サイドに河井が入るという布陣。

この試合は正直、一進一退で、正直どちらもチャンスを作っていたし、どちらに転んでもおかしくない試合だったと思います。そういう厳しい試合で勝ちを拾えたことは本当に大きかったと思います。

ソウザを中心に、ピッチを幅広に使うセレッソの攻撃に苦しむ場面も何度もありましたが、エスパルスは北川・テセ中心に前半はチャンスを作れていました。お互い入ってもおかしくないシーンがありつつも後半へ。そして後半立ち上がり。セレッソの左CKから、混戦の中最後はマテイヨニッチが苦しい態勢の中シュートも、六反がキャッチ。本当に決定機でした。

 

決定機をしのいだ清水もチャンスを作れていないわけではないが、決定的なシーンにはなかなか結び付かず。しかし試合が動いたのは82分。柿谷のクロスをキャッチした六反を見ると、エウシーニョが猛烈にダッシュを開始。前がかりになっていたセレッソが必死に戻る中、六反がエウシーニョへスルーパス気味のロングフィード。危険を察知した相手GKキムジンヒョンでしたが、六反のパスが良かったのか、結果的には中途半端な形で前に出てしまい、エウシーニョはそのままシュート。このシュートは左に外れてしまうが、最後詰め切ったのは北川でした。本当に素晴らしい。試合はそのまま1-0で終了でした。正確なフィードをした六反、走りこんだエウシーニョ、最後難しい角度から決め切った北川にあっぱれです。今季ベストゴールにも選ばれています。



今季初の連勝。ここから連勝を積み上げていけるか。けが人も多い中、次節が正念場です。