清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【試合レポート】第3節 清水 2-5 札幌 2019.3.9

前節はガンバにやられましたが、今日はアウェイで札幌戦。札幌は前節、埼スタで浦和を封じ、勢いに乗って迎える開幕戦です。

結果から言えば2-5の敗戦。フルボッコでした。問題は前節のガンバ戦のように、個人のミスからポロポロと失点した、というのとは毛色が違い、組織力として完敗。札幌の強さはあったにせよ予想以上にやばい状態だということです。

システム上は4-4-2に戻し、前節ミスの目立ったヴァンデルソンはベンチ外、さらにエウシーニョの初出場と、特に中盤には人数をかけたはずでした。1失点目、鈴木武蔵の個人の力が素晴らしかったとはいえ、ソッコのチェイスが甘かったように思います。5バックに比べよりスペースが生まれた、というような問題でもないと思います。その後松原のヘッドですぐに追いつきます。なんとかここから、と思いましたが、その後は相手の波状攻撃を防ぐのに終始。ショートカウンター、サイドチェンジに何度も揺さぶられロペスを止められず。思い出したくないほどです。その後4失点しました。札幌に好き放題にやられました。本当に悔しい。

またも朗報は最後は滝のゴール。ヒールで流し込んだきれいなシュートで一矢報いました。