清水エスパルスが世界一クラブになるまで続ける観戦記

遠く関西から清水エスパルスを応援。

【現地レポート】 33節 清水 3-3 神戸 2018. 11.24

言いたいことはいろいろありますが....

 久々に清水に帰ってアイスタ観戦ということでワクワクしていた折、久米GMの訃報を聞き、落胆の中日本平に到着しました。両チーム喪章をつけて臨みます。

ご存知の通り、後半乱闘騒ぎがあり、神戸は退場者が2人、立田と河合が負傷退場という残念な試合となってしまいました。自分自身すごくがっかりで、この記事ではあえて仔細に言及しませんので悪しからず。

f:id:coupdenvoi:20181125084818j:plain

 試合開始前はリバイブで鼓舞。キックオフの笛と同時にKINGDOMも素晴らしいけど、リバイブはやはり気合が入ります。iPhone撮影のため画質悪ですみません。

イニエスタ、ポドルスキ擁する神戸がアウェイに乗り込むと、スタジアムはほぼ満杯。日本平もかなりの人でした。

久米GMは名古屋・柏でも長く強化部長・GMを務められており、DAZNのハイライトで気づきましたが名古屋の選手の腕にも喪章がありました。

【フォーメーション】

フレイレが練習中の負傷でベンチ外。立田が本職のCBに入りました。いつもはフレイレが左CBですが、今日はソッコが左CBに入りました。右SBには飯田それ以外は前節と大きな変更なし。

【前半】

前半開始直後は、はっきり言ってお互いイージーなミスが多く、お互いのミスから決定機を生む場面が何度か見られました。26分、神戸は前線に何度も有効なパスを供給していたイニエスタからの浮き球のパスを、藤田が合わせ先制。

イニエスタの巧さはいわずもがな、イニエスタが清水DFをうまく交わした瞬間、立田のマークをうまく剥がした藤田の動き出しは上手いなと思いました。

対する清水も前半のうちに、神戸DFのミスをついた河合が、金子とのワンツーで抜け出し1-1で折り返しました。

【後半】

後半主導権を握ったのは神戸。六反のミスも絡み、一気に2失点。西日がかなりきついアイスタだが、それは毎度のことなので言い訳にはならない。昔ジェフ千葉戦で、西部洋平がジョルジェビッチに超ロングシュート決められたのを思い出す。

清水としてはかなり厳しい展開になりましたが、正直に言って神戸が組織的に守れているというわけではなく、むしろDF陣は脆く見えました。

後半39分にドウグラスのゴールで1点差とすると、後半アディショナルタイムにまさかのGK六反がCKからヘディングゴール。自分のミスからの失点という意識も相まってか、六反の目には涙。J1では22年ぶりの記録だという。後ろに下がりながらのヘッドで、決して簡単ではありません。不可解なアディショナルタイムに加え、数的不利の中で神戸にとって苦しい場面ではありましたが、清水はよく2点ビハインドを跳ね返したと思います。

【雑記】

3失点しましたが、いろいろありつつも引き分けたのは大きいです。DF陣は神戸の強力な攻撃陣に翻弄される時間帯もありましたが(特に後半立ち上がり)、これは2列目もちぐはぐな感じで、おまけに六反のミスも絡んで2失点した、という感じです。立田は成長著しいですが、足元の技術やフィード精度等はまだまだ伸びしろがあると思います。現状、センターはフレイレか。

全体を俯瞰すると、アディショナルタイムでの出来事に言及せずとも、神戸のラフプレーは目立った印象です。よく戦い抜いたと思います。細かいことは言いませんが、やっぱりサッカーは戦いですが、喧嘩じゃないです。審判が、とか、神戸の選手が嫌い、とかじゃなく、見てて普通に悲しかったです。ラスト長崎戦はいいゲームにしたいです。

 兵働選手、本当に長い間お疲れさまでした。

どうでもいいですが、帰りに久しぶりに草薙駅付近を通ったら、ついに清水にも一応駿河区?)スターバックスができるんですね!ドリプラのタリーズつぶれてたのも、最近知りました。昔はよくいったなあ。